お家の買い方比較

借り入れ額2500万円・金利1%・期間35年間・家賃7万円で比べてみました。

 

Aさん  待つのキライ! 自己資金貯まるまで待てない

 

Bさん  5年間くらい賃貸に住み住宅購入

 

Cさん  5年間賃貸で住んで住宅購入 5年後に金利が0.5%上がった 

 

Dさん  5年間賃貸に住んで自己資金を貯める!(毎月5万円貯蓄して300万円貯める)

 

 

Aさん 今すぐに購入

金利 1%
借り入れ額 2500万円
月の返済額 70572円
総額支払 29.640.240円 (金利負担分4.640.240円)

Bさん 5年間くらい賃貸に住み住宅購入

金利 1%
借り入れ額 2500万円
月の支払い額 70572円
総額支払 33.840.240円(金利4.640.240円+家賃7万円×5年間4.200.000)

Aさんと比較➡家賃負担分が加算されます              (70000円×5年間 4.200.000円)

Cさん  5年間賃貸で住んで住宅購入 5年後に金利が0.5%上がった

金利 1.5%
借り入れ額 2500万円
月の支払い額 76546円
総額支払 36.349.740円(金利7.149.740円+家賃7万円×5年間4.200.000)

Aさんと比較➡家賃負担分が加算されます+金利分1.5%              (70000円×5年間 4.200.000円)+金利1.5%分の加算分 

Dさん Aさんと同条件 貯蓄5万円/月×5年間 自己資金を貯めて住宅購入

金利 1%
借り入れ額 2200万円(自己資金300万円)
月の支払い額 70572円
総額支払 30.283.014円(金利4.083.014円+家賃7万円×5年間4.200.000)

Aさんと比較➡家賃負担分が加算されます Aさんの次に費用を抑えて購入可能です  (70000円×5年間 4.200.000円)+自己資金300万円

【検証結果】

Aさんが1番費用抑えて購入可能となります。

Aさんの次に費用を抑えて 自己資金負担300万円がDさん

次にBさん(家賃負担分).Cさん(家賃負担分+金利1.5%)になります。

 

 

金利の期間・購入時期・家賃負担分がない

Aさんが総額支払額を抑えて購入することができます。

同じ住宅でも、総額支払額がこのように金額が違う為、購入タイミングは大事な事ですね。